solid bond

never a dull moment

review

凄く健全なsuedeのライヴ

SUEDE - LIVE at the Royal Albert Hall (Full Concert) - Premiere 11th September 5pm BST スウェード、今度は2010年の復活ライヴ@ロイヤル・アルバート・ホールが公式にyoutubeにアップされた。 デビュー当時とは違うバンドのよう。 怪しい雰囲気はなくな…

ポール・ウェラーは凄い

open.spotify.com すっかり爺さんになったウェラー。 だが、この10年でオリジナルアルバムを5枚リリース、サントラやライヴ・アルバムも出している。アクティヴシニアを地で行くワーカホリックぶり、凄い。「子供が多いから頑張らないとならん」みたいな…

戻ってきたwilcoの傑作

wilco。昨年出た11枚目のアルバムだ。 近年は大きいステージでやると映えそうな立体的な音を鳴らしている感じで正直イマイチだった。この作品は原点に戻ったようなオルタナフォークで、バンドアンサンブルとジェフのメロディー、声の良さがしっかり前面に出…

マーカスキングのソロアルバムは最高だ

open.spotify.com マーカスキングバンドのボス、マーカス・キングのソロアルバム。 ブラックキーズのダンがプロデュースしていて、曲作りにも関わっている。 これまでマーカスキングはどちらかというとジャムバンドの凄腕ギタリストとして語られることが多か…

フレディー・マーキュリー追悼コンサート!!

youtu.be 2日間限定で公開されているフレディー・マーキュリー追悼コンサートを観た。 1991年だから、中3か高校1年か。とても豪華なメンツで、当時観たくて観たくてたまらなかったが、観るすべがなかった。NHKFMで放送があった気がするが、あまり記憶が無い…

くるり。編集版だがここ10年では一番の傑作。

open.spotify.com くるりの未発表曲集。 一曲目の「心の中の悪魔」が素朴でむちゃくちゃ良い曲で、一気に引き込まれた。おっさんが作ったとは思えない、無垢でナイーヴな感じの音と歌詞だ。 2曲目のギター、岸田氏のボーカルも凄まじく素朴。なぜか土手とチ…

春に合うスカートの2枚目。

「不健康バンド」スカートのメジャー2枚目。19年6月発売。 春に合う素晴らしいポップアルバムだ。 キリンジ、飛鳥涼、はっぴいえんど、スピッツ、ヤマタツ・・・聴きながらにんやりしてしまう場面が何度も訪れる。ポップのレジェンド達のクオリティを引…

The weekendの迫力あるアルバム

open.spotify.com The weekendの新作。猿の惑星のエンディングみたいな寂寥感と重苦しいロマンを感じるスケールのデカい作品だ。サウンド的にはダフトパンクの延長上にある80年代をベースとした未来型サウンド。圧倒的なボーカルが2020年のクイーンと呼びた…

ストロークス。新たなブルース

open.spotify.com みんな大好きストロークスの新曲。ドラムレス。世紀末のブルース的な寂しさが漂う。ラオウ的なヤツだ。これまでのストロークスの芸風とはちょっと違う。 ダフトパンクの未来的サウンドと目指す方向は一緒か。アルバムが楽しみだ。フジロッ…

くたびれたときの名盤。

open.spotify.com バリーゴールドベルグ(読み方不明)の名盤。どうやら、かのボブディラン御大も制作に参加していたようだ。75年、マッスルショールズ、ボブディラン。並べた言葉から想像される音、そのものが鳴っている。 2月は年末よりも仕事の追い詰…

若いがおっさんみたいなマーカスキング

open.spotify.com マーカスキングの新作を繰り返し聴いている。 プロデュースはブラックキーズのダン。 ちょっと薄暗いロックバーで流れそうな、いなたく枯れたロックサウンドに仕上がっていて、無茶苦茶良い。ひとつの方向を極めた、こうであって欲しい音が…

2019年俺ベスト

open.spotify.com 2019年のベストアルバムを、一曲ずつピックアップしたspotifyプレイリスト。 特に良かったやつは以下。 wilco Men I trust steve lacy tommy guerrero rex orange county リアム・ギャラガー The magpie salute ブラック・キーズ Ride リア…

朝と夜のS &G

open.spotify.com サイモンとガーファンクルの69年のライブ。 昨日の夜から聴き続けている。 無駄な音がなく、洗練された大人のロックだ。 聴く時間も選ばない。朝の空気にも合う、夜の静けさにも合う。 新曲と紹介され歌われる明日に架ける橋の素晴らしさ…

Oh mercyはディランの傑作

OH, MERCY アーティスト:BOB DYLAN 出版社/メーカー: COLUM 発売日: 2004/03/29 メディア: CD 改めて聴いたが大傑作。ハズレ曲が無く、捻くれながらも雰囲気ある佳曲が多い。ダイナミックな、言い方変えると投げ出した感ある作風が魅力のディランだが、ダニ…

生涯の5枚

今月のミュージックマガジンは、生涯の5枚という特集らしい。今の俺が選ぶと、 ラバーソウル/ビートルズザ・ベンズ/レディオヘッドListen without prejudice /ジョージ・マイケルE2-E4/マニュアル・ゲッチングmillions now living will never die /Tortoi…

44/876/スティング&シャギー

44/876 アーティスト: スティング&シャギー 出版社/メーカー: Universal Music =music= 発売日: 2018/04/20 メディア: CD この商品を含むブログを見る ポリス時代はレゲエとパンクを高次元で融合させたスティングと、レゲエ界のビッグスターシャギーが組んだ…

The Magic Numbers/The Magic Numbers

Magic Numbers アーティスト: Magic Numbers 出版社/メーカー: EMI Europe Generic 発売日: 2005/05/19 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る 2組の兄妹で構成される混声コーラスが魅力のバンドで、ヒッピー的なルックスだがイギリス出身。 これ…

twice removed / sloan

Twice Removed アーティスト: Sloan 出版社/メーカー: Geffen Records 発売日: 1994/08/30 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る グランジ末期にデビューし、パワーポップバンドとして大御所の地位を築いたカナダの四人組バンドSLOAN。これは94…

big band bossa nova/クインシージョーンズ 

ソウル・ボサノヴァ アーティスト: クインシー・ジョーンズ,クラーク・テリー,フィル・ウッズ,ポール・ゴンザルヴェス,ローランド・カーク,ラロ・シフリン,ジム・ホール,クリス・ホワイト,ルディ・コリンズ 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラ…

C.M.B/ カラーミーバッド

C.M.B. アーティスト: Color Me Badd 出版社/メーカー: Jdc Records 発売日: 2015/10/13 メディア: CD この商品を含むブログ (2件) を見る 懐かしいやつ。CDはとっくにブックオフに売ってしまった。 俺がまだTVKの全米トップ40を毎週見ていた頃の大ヒットア…

ZUMA /neil young

ZUMA アーティスト: NEIL YOUNG 出版社/メーカー: WARNE 発売日: 2004/06/01 メディア: CD 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (6件) を見る グランジ的な歪みをパンク前夜の75年に鳴らしたヤングの「ロック」代表作。グランジスターがかすむよう…

 ニール・ヤング/ニール・ヤング

ニール・ヤング アーティスト: ニール・ヤング 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン 発売日: 2009/11/11 メディア: CD この商品を含むブログを見る 1968年発表。 バッファロー・スプリングフィールド解散後に発表されたニールヤングのソロデビ…

after the gold rush /neil young

After the Gold Rush アーティスト: Neil Young 出版社/メーカー: Reprise / Wea 発売日: 1994/06/16 メディア: CD 購入: 3人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (98件) を見る ニールヤングの代表作は、これか、次に出たharvestだ。 俺は、こっちが好き…

TONIGHT'S THE NIGHT / NEIL YOUNG

TONIGHT'S THE NIGHT アーティスト: NEIL YOUNG 出版社/メーカー: WEA 発売日: 2004/06/01 メディア: CD クリック: 2回 この商品を含むブログ (16件) を見る 1975年の作品で、関係者2名の死を受けて作られた。 ぼろぼろのニールヤングがテキーラ片手にぶっ飛…

On the Beach / ニール・ヤング

ON THE BEACH アーティスト: NEIL YOUNG 出版社/メーカー: WEA 発売日: 2004/06/01 メディア: CD クリック: 7回 この商品を含むブログ (7件) を見る 邦題「渚にて」。 ニールヤングの作品では、ここ10年で最もよく聴くアルバム。穏やかで、諦めとか悟りと…

Weezer (Teal Album)/weezer

最近精彩を欠いているWeezerの新作は、80年代を中心としたヒット曲のカバー。非常に趣味性の強い企画モノだ。 weezerらしさや楽器の新解釈はほとんど無くまるでコピーだが、迷いなく・潔くやっているので、聴いているとこっちもだんだん楽しくなってくる。特…

Outer Peace / トロ・イ・モア

暗闇の中から一筋の光が降り注ぐ。一曲の中に必ずそんな瞬間が一度は訪れる、非常に優しいアルバムだ。 サイケデリックの聖地カリフォルニア出身、チルウェイヴの渦の中から出てきたアーティスト。どんな音が感覚に効くか、凄くよく分かっている。 順調にキ…

ニックオブタイム

ニック・オブ・タイム ニック・オブ・タイム (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 台風で早く帰ってきたので久しぶりに見た。 ストーリーに無理があるが、話が早く、わかりやすく、時間も短く淡々としていて良か…

バクマン

最近バクマンを読むのが楽しみです。 今更バクマン、デスノートの原作者がラッキーマンのガモウひろしだと知りました。うすうすそうではないかと思っていたが・・・。ラッキーマン好きだった。また読みてえな。

2009俺awards

年々新譜を聴かなくなっていく。NAPSTERでとりあえず聴いてみて、何度も聴くに値するものだけ新譜で買うんだけど、ブックオフで500円以下で5年前のアルバムが買えることを考えると、新譜に1500円出すのは高い。そんなわけで、毎年10枚選んでいる新譜を今年は…