solid bond

never a dull moment

It Was Hot, We Stayed in the Water / The Microphones

It Was Hot, We Stayed In The Water The Microphones オルタナティブ ¥1528 music.apple.com アメリカのインディーフォーク・ロックバンドが2000年に発表した2NDアルバム。ベックやアトラスサウンド、ビルトトゥスピル等が在籍したオルタナ系レーベル「Kレ…

Sob Rock / ジョン・メイヤー

Sob Rock ジョン・メイヤー ポップ ¥1833 music.apple.com 現在の3大ギタリストの一人(他はジョン・フルシアンテ、デレク・トラックス)で、グラミー賞受賞経験もあり、最近ではグレイトフル・デッドの残党とツアーも行う超人ロッカー、20周年記念の4年ぶり…

sling / clairo

Sling Clairo オルタナティブ ¥1935 music.apple.com アメリカのシンガーソングライター、ベッドルーム・ポップを代表するクレイロの2nd。プロデュースは、Fun.等で活躍しその後プロデューサーとしてテイラー・スウィフト、ロード、シーア、ラナ・デル・レイ…

This Time Tomorrow / Sleeper

This Time Tomorrow Sleeper オルタナティブ ¥1528 music.apple.com 1999年から2000年にかけての、バンドが崩壊していた時期のレコーディング音源を、コロナの時期に完成させた作品。 ジョージ・マイケルのスタジオで作成された音源が含まれ、⑦「we are cind…

Fantastic / Wham!

Fantastic ワム! ポップ ¥1833 music.apple.com 1983年発売。いわずと知れたジョージ・マイケル率いるワム!のデビューアルバム。 デビューシングル「ワムラップ」はヒットしなかったが、トップ・オブ・ザ・ポップスへの代理出演(この時、バックダンサーに…

Power Corruption and Lies / New Order

Power Corruption and Lies (Definitive) ニュー・オーダー ロック ¥1630 music.apple.com 1983年のニュー・オーダーとしては2ndアルバム。 80年のイアン・カーティスの死から2年後の82年に製作された代表作のひとつ。キーボーディスト(ギリアン)をメンバ…

The Campfire Headphase / Boards of Canada

The Campfire Headphase Boards of Canada エレクトロニック ¥1528 music.apple.com 2005年に出た作品。確かその年の朝霧JAMで試聴会みたいなのが開催されていた。朝霧とか苗場とか、サウナの休憩タイムとか、チルアウトに最適なサイケデリック・エレクトロ…

Wild Life / Wings

Wild Life ポール・マッカートニー&ウイングス ロック ¥1935 music.apple.com 1971年発表。「マッカートニー」から3作目の作品。ウィングスとしてはデビュー・アルバム。デニー・レインとの共同作業はここから約10年続くことになる。 2週間程度で製作され、…

80年代以降のローリングストーンズのオリジナルアルバム

脚光を浴びる機会が少ないローリングストーンズの80年代以降のアルバムを振り返った。リマスタリングされた音で聴き直すと、どのアルバムも新たな発見とそれぞれの良さがあった。 open.spotify.com 80年発表。前作「女たち」の成功を受け、更に多様な要素を…

Blondes Have More Fun /Rod Stewart

open.spotify.com 1978年の作品。ジャケットが象徴するように、一般大衆が求めるイメージにしっかり向き合い、ロックスター路線を貫いた代表作のひとつ。おバカなイメージで損しているが、しっかり作られた素晴らしい作品だ。 一曲目の「アイム・セクシー」…

The Art Of Tea / Michael Franks

open.spotify.com マイケル・フランクスは1944年生まれのなので現在76歳。カリフォルニア出身。オレゴン大学で教壇に立っていたこともあるというから、いわゆるインテリだ。 76年のこのアルバムは、彼の代表作の一枚であると同時にAORというジャンルを代表す…

Songs In the Attic / Billy Joel

open.spotify.com 1981年に出たライブ・アルバム。タイトルは「屋根裏の曲」、ストレンジャー以前の眠っていた名曲をライブで生き返らすことを目的に編集された感じ。全米8位。プロデュースは勿論フィル・ラモーン。 ビリーの絶頂期に近い時代なので、迫力あ…

ハイ・フィデリティ

ハイ・フィデリティ John Cusack Amazon DTVで5月末までハイ・フィデリティが観れることを思い出し、慌てて視聴。 10年ぶりぐらいに観た。レコード屋のシーンは大学時代を思い出す感じで楽しめたが、ジョン・キューザック演じる主役の男が何とも言えないダメ…

Phil Spector Presents The Phillies Album Collection

open.spotify.com コロナで亡くなったフィル・スペクターのフィレスレーベルでの仕事を集めたコンピレーションアルバムで、CDでは7枚組のマニアアイテム。気軽にストリーミングで聴けるのはホント良い時代になったと思う。 爆音で聴く程カッコよさが増す。音…

Reason To Live / Lou Barlow

open.spotify.com すっかり見かけはヒッピーというか世捨て人になってしまった、ダイナソーJr、セバドーのルー・バーロウ。 6年ぶりのソロアルバムは相変わらずの雰囲気。つまり90年代的な宅録・ローファイだ。とんがった感じはなく、優しいメロディーと柔ら…

Asleep In The Back / Elbow

open.spotify.com 2001年の5月発売、エルボーのデビュー・アルバム。20周年記念でデラックス・エディションが出た。 久しぶりにじっくり聴いてみた。ゆっくりとしたテンポの中で、若干サイケデリック、基本はメロディアスな正統派ギターロックが高い完成度で…

Music From Big Pink / The Band

open.spotify.com the bandの代表作。 この作品、レコード・コレクターズ界隈では「神アルバム」の扱い。 ずっといまいち分からずにいた。雰囲気とか曲とか、良いのはわかるが、アルバム全体のヌルい、だるい感じが、自分にはどうも合わなかった。 改めてし…

Odelay / Beck

open.spotify.com 言わずとしれた96年を代表するアルバムなんだが、ちょっと影が薄くなっているような気がする。この作品以降も優れた作品をベックが出し続けているからか。また、ライブ演奏でアップデートされた曲に比べ、アルバムはちょっと迫力に欠ける感…

Our Favourite Shop The Style Council

open.spotify.com つい先日16枚目のソロアルバム「FAT POP」が出たばかりのポール・ウェラー。 スタカン時代の代表作がこのour favorite shopだ。勿論全英1位。この当時のポール・ウェラーは27、28歳で、人として一番血気盛んな時期。キャリアで最高の歌声を…

AKIRA

www.amazon.co.jp DTVで久しぶりに観た。 漫画の印象が強く、アニメは相当昔に一度観たきりだったので、「え、こんな感じだったけ?」ちょっとびっくり。 漫画では相当活躍するリュウやミヤコ、ジョーカーがあっけなく消え、カオリは金田グループの一員とし…

461 Ocean Boulevard / Eric Clapton

open.spotify.com ロッキング・オン6月号の特集は「究極のギタリスト50」。 勿論クラプトンも入っていたが、2ページ見開きのアーティストがいる中で地味に1ページだけの扱いだった。文中では「ギタリストからシンガーソングライターに移行していったアーティ…

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / The Beatles

open.spotify.com 30代の真ん中あたりから早起きになり、仕事のない土日は、4時5時には活動するようになった。 朝は脳の動きがよく、作業が捗る。また、音楽も普段と違うように聴こえる時がある。 今朝はサージェントペッパーズをアナログで聴いている。家の…

The Tin Man Was A Dreamer / Nicky Hopkins

open.spotify.com ストーンズやビートルズ、ジェフベックグループ、ジョンレノンの「イマジン」などUKロックの名盤の多くに関わったキーボーディストの72年のソロアルバム。 アルバム全体が優しく朧げな雰囲気に包まれている。他で聴いたことがない独特の世…

Sweep It Into Space / Dinosaur Jr.

open.spotify.com ダイナソーJr、久々のアルバム。カートヴァイルが全面的に参加し、オルタナの教科書みたいな素晴らしいギターロックアルバムになっている。怠惰と空虚。まるで90年代にタイムスリップしたかのようだ。 Jのメロディ、歌声、Jとカートヴァ…

91年から30年

ラジオで91年について話をした。 自分は15歳で、洋楽にどっぷりハマりつつあった 91年はニルヴァーナ、R.E.M、U2らが相次いで素晴らしいアルバムを出すなど当たり年。 チャートを彩った曲も、ブライアン・アダムスのi do it for youとかR.E.Mの陽気なシング…

ジョンの魂を久々に聴く

open.spotify.com 今月のレコード・コレクターズ、特集は「ジョンの魂」。なんと50周年だって。 人間としてのジョン・レノンは、正直好きじゃない。ただのヤンキーでひとでなしだ。 ソロの作品もほとんど駄作。ただ、この「ジョンの魂」「イマジン」は別格で…

Beat TERAO 29「英国人が選んだオルタナロック」

open.spotify.com 何気に続いているポッドキャスト。

Beat TERAO 28「ブライアン・ウィルソンの好きな曲など」

open.spotify.com 今回も雑談のオンパレード。 クイーンの公式youtubeチャンネルの話題やブライアン・ウィルソンの好きな曲など。

Beat TERAO 26「fountains of wayne アダムの特集」

open.spotify.com 洋楽を中心としたPODCAST雑談。今回は昨年コロナで他界したFOWのアダムを特集しています。

Beat TERAO 25

「ロックトピックについて雑談」形式になって復活したBeat TERAO。 今回は勿論フジロック2021開催決定について語ります。 チャボはグリーンのトリなのか!? open.spotify.com