solid bond

never a dull moment

2024-01-01から1年間の記事一覧

The Beatles「Let It Be」を観た

1970年の公開後、なかなか陽の目を見る機会が無かった後期ビートルズの映画だが、「Get Back」のピーター・ジャクソンにより復元され、ディズニープラスで公開された。 ずっと観たかった映画だった。 www.youtube.com 永らく、「ビートルズ解散前の争いや口…

「ベルリン・天使の詩」静と動の対比で描く、人間讃歌。サウナに近い。

タイトルは勿論ずっと前から知っていたけど。 映画館で観ることができてホント満足です。ありがとう「午前十時の映画祭」。 ヴィム・ヴェンダース監督、素晴らしい。コロンボのヒトを含め、メインの演者も最高だった。特にヒロイン(早逝してしまったのは残…

「ティファニーで朝食を」これが名作?

最近映画は「午前10時の映画祭」しか観てない。 今回はオードリー・ヘプバーンの代表作「ティファニーで朝食を」だ。 有名作なので、これまでも何度か観るチャンスがあったが、何となく合わずにいて、ついに初見。 冒頭、黒いドレスのヘプバーンがタクシーで…

モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ!ブラーのアルバムレビューとランキング。

ブラーは、マンチェスタームーブメントの末端からデビューし、60年代から90年代までのUKロックの歴史を包括した「LIFE三部作」でブリットポップの中心としてシーンで輝きました。その後、USオルタナ志向が強まった傑作「BLUR」、外部のプロデューサーの力を…

最近好きなサウナ

久しぶりにサウナのランキング。 最近好きな#サウナ #山梨1位 #みたまの湯2位 #尾白の湯3位 #しもべの湯4位 #リブマックス5位 #かまなしの湯 好きなサウナというより、よく行くサウナのランキングだ。 一番のポイントはストレス無く入れるか、これは「空いて…

若きブラッド・ピットとモンタナの大自然が美しいリバー・ランズ・スルー・イット

「午前10時の映画祭」で92年公開の「リバー・ランズ・スルー・イット」を30年ぶりぐらいに観た。 ロバート・レッドフォードが監督の元、フライフィッシングの神々しい躍動感と当時20代後半、売出し中のブラッド・ピットの若々しさが、アメリカモンタナ州の雄…

スモール・フェイセズの軌跡

彗星の如く駆け抜けた若きモッズバンド スモール・フェイセズは、子役で歌手経験もあったスティーヴ・マリオットと、マリオットが楽器屋でバイトをしているときに知り合ったロニー・レインを中心に、1965年ロンドンで結成された。マリオットは1947年生まれな…

ジュリエット・ビノシュとデップの存在感が光る「ショコラ」

2000年発表の名作「ショコラ」を午前10時の映画祭で観た。 ショコラ (字幕版) ジュリエット・ビノシュ Amazon レオス・カラックスの「汚れた血」「ポンヌフの恋人」の印象が強いフランスの大女優ジュリエット・ビノシュが「ギルバート・グレイプ」「マイライ…

年齢別アルバム ポール・ウェラーのキャリアと変化

みうらじゅん氏は「ディランのアルバムは自分の年齢と同じ作品を聴け、味わい深いから」と「ディランがロック」の中で語っていた。当時のディランの考えや迷いが理解しやすくなると。長いキャリアを誇るポール・ウェラーにも同じやり方が有効だと思い、まと…