solid bond

never a dull moment

フジロック2019のまとめ。

今年も最高だったフジロック。2018に続き無茶苦茶な豪雨だったが、状況含めて楽しめた!!ハードな状況がやはり楽しい。来年は8月開催で、新たなフジロックを楽しめそうだ!!今から楽しみです。休みを取れるようがんばります。 ・前夜祭木曜日から前橋…

44/876/スティング&シャギー

44/876 アーティスト: スティング&シャギー 出版社/メーカー: Universal Music =music= 発売日: 2018/04/20 メディア: CD この商品を含むブログを見る ポリス時代はレゲエとパンクを高次元で融合させたスティングと、レゲエ界のビッグスターシャギーが組んだ…

平成に消えた山梨のラーメン

平成、伝説となったラーメンを振り返る 1.とんとんキングオブ「麺」。スピリッツオブ市川三郷(店の住所は実は田富だが)。喪失感は令和まで続く。 2.夢乃屋山梨では異色の本格的なラーメンだった。味の完成度は非常に高かった。もう一度喰いたい。 3.…

The Magic Numbers/The Magic Numbers

Magic Numbers アーティスト: Magic Numbers 出版社/メーカー: EMI Europe Generic 発売日: 2005/05/19 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る 2組の兄妹で構成される混声コーラスが魅力のバンドで、ヒッピー的なルックスだがイギリス出身。 これ…

twice removed / sloan

Twice Removed アーティスト: Sloan 出版社/メーカー: Geffen Records 発売日: 1994/08/30 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る グランジ末期にデビューし、パワーポップバンドとして大御所の地位を築いたカナダの四人組バンドSLOAN。これは94…

big band bossa nova/クインシージョーンズ 

ソウル・ボサノヴァ アーティスト: クインシー・ジョーンズ,クラーク・テリー,フィル・ウッズ,ポール・ゴンザルヴェス,ローランド・カーク,ラロ・シフリン,ジム・ホール,クリス・ホワイト,ルディ・コリンズ 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラ…

小沢健二の新作について

小沢健二が久しぶりにアルバムを出す。 Ozawa Kenji Iigurakatamachi Azabudai Yabu Soba Mae 小沢健二飯倉片町藪蕎麦前 小沢健二が久しぶりにアルバムを出す。 5日の夜、本人が生チャットに登場し新作は・Coming relatively soon・すっごい感じ・ぶっとん…

C.M.B/ カラーミーバッド

C.M.B. アーティスト: Color Me Badd 出版社/メーカー: Jdc Records 発売日: 2015/10/13 メディア: CD この商品を含むブログ (2件) を見る 懐かしいやつ。CDはとっくにブックオフに売ってしまった。 俺がまだTVKの全米トップ40を毎週見ていた頃の大ヒットア…

ZUMA /neil young

ZUMA アーティスト: NEIL YOUNG 出版社/メーカー: WARNE 発売日: 2004/06/01 メディア: CD 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (6件) を見る グランジ的な歪みをパンク前夜の75年に鳴らしたヤングの「ロック」代表作。グランジスターがかすむよう…

春だな

暖かくなってきた。 山梨も、今日桜の開花宣言が出たようだ。週末は鰍沢にでも行くか。 暖かくなるとジャムバンドが聴きたくなる。 moe.は村田がTシャツを着ていたことで有名なアメリカのジャムバンド。アルバムごとの出来栄えにバラツキがあるけど、好きな…

 ニール・ヤング/ニール・ヤング

ニール・ヤング アーティスト: ニール・ヤング 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン 発売日: 2009/11/11 メディア: CD この商品を含むブログを見る 1968年発表。 バッファロー・スプリングフィールド解散後に発表されたニールヤングのソロデビ…

ビリー・アイリッシュ

新たなカートコバーン。ラジオで聴き耳を奪われた!グランジですよ、これは。 まだ17歳才能が殺されないことを祈る!

low spark of high heeled boys / traffic

くたびれた。 トラフィックで好きなのは3枚目以降の混沌としたサイケデリックアルバムだ。 疲れた頭に染み入ります。 古い曲ばかり聴いているように読めるかもしれないが、そんなことは無い。 beats1のラジオとかプレイリストとか、行き帰りにけっこう聴いて…

after the gold rush /neil young

After the Gold Rush アーティスト: Neil Young 出版社/メーカー: Reprise / Wea 発売日: 1994/06/16 メディア: CD 購入: 3人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (98件) を見る ニールヤングの代表作は、これか、次に出たharvestだ。 俺は、こっちが好き…

TONIGHT'S THE NIGHT / NEIL YOUNG

TONIGHT'S THE NIGHT アーティスト: NEIL YOUNG 出版社/メーカー: WEA 発売日: 2004/06/01 メディア: CD クリック: 2回 この商品を含むブログ (16件) を見る 1975年の作品で、関係者2名の死を受けて作られた。 ぼろぼろのニールヤングがテキーラ片手にぶっ飛…

On the Beach / ニール・ヤング

ON THE BEACH アーティスト: NEIL YOUNG 出版社/メーカー: WEA 発売日: 2004/06/01 メディア: CD クリック: 7回 この商品を含むブログ (7件) を見る 邦題「渚にて」。 ニールヤングの作品では、ここ10年で最もよく聴くアルバム。穏やかで、諦めとか悟りと…

Weezer (Teal Album)/weezer

最近精彩を欠いているWeezerの新作は、80年代を中心としたヒット曲のカバー。非常に趣味性の強い企画モノだ。 weezerらしさや楽器の新解釈はほとんど無くまるでコピーだが、迷いなく・潔くやっているので、聴いているとこっちもだんだん楽しくなってくる。特…

Outer Peace / トロ・イ・モア

暗闇の中から一筋の光が降り注ぐ。一曲の中に必ずそんな瞬間が一度は訪れる、非常に優しいアルバムだ。 サイケデリックの聖地カリフォルニア出身、チルウェイヴの渦の中から出てきたアーティスト。どんな音が感覚に効くか、凄くよく分かっている。 順調にキ…

細野晴臣

郷愁というか。 いつ聴いてもぐっとくる作品。 open.spotify.com

インターポール

interpolの新作、重低音中心の音作りが凄く尖っていてかっこいい。 ちょっと調べたら、デイブ・フリッドマンがプロデュースしていた。さすが。 mikikiの記事がシンプルで凄く良い。 バンドの歴史が簡単にまとまっている。 俺が知らない3作目以降の低迷期、…

spotifyプレイリスト。日曜の夕方。

日曜の夕方。 サザエさんとかちびまる子とか笑点とか。 一般的には憂鬱な時間だが、俺にとっては最近は風呂(市の直営温泉)上がりのリラックスタイムだ。 昔からラジオの印象がある。福山とかピーター・バラカン、安部礼司、松任谷由実。最近ではGREAT3片…

ぐらんぶる

「大酒を呑みながら大学生活とサークル活動を楽しみまくる」漫画のアニメ版。自分らの大学時代を思い出す。 漫画の世界観を損なうことなくちゃんとしたアニメになっている。アニメ版も面白いです。 ぐらんぶるメディア: Prime Videoこの商品を含むブログを見…

spotifyプレイリスト。金曜の夜

金曜の夜をイメージしたというより、金曜の夜に作ったプレイリスト。 少しだけ、仕事からの開放感がある選曲になっているかも。

中山陸!ルヴァンカップ ヴァンフォーレ甲府VS柏レイソル

【公式】ゴール動画:中山 陸(甲府)54分 ヴァンフォーレ甲府vs柏レイソル JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第1戦 2018/9/5 追いつかれたのは悲しいが。 高校生、中山陸の活躍で2得点。 特に2点目のスルーパスは限りない可能性を感じた!! 小瀬にか…

ニックオブタイム

ニック・オブ・タイム ニック・オブ・タイム (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 台風で早く帰ってきたので久しぶりに見た。 ストーリーに無理があるが、話が早く、わかりやすく、時間も短く淡々としていて良か…

spotifyプレイリスト。

spotifyのプレイリスト。 曲順も一応考慮してます。

朝からクラプトン。

朝からクラプトンの地味なアルバムを聴いている。 クラプトンは緩さが持ち味だが、このあたりの作品は投げやり感すら感じる。過去の焼き直しみたいな曲が多い。声も荒れている。 「カネとタバコ」というタイトルもありがちでしょぼい。 曲単位では良いものも…

フジロック2018

FUJI ROCK FESTIVAL'18 Aftermovie 今年のフジロック。金・土のみ参加で、ボブやVW、チャーチズ、凄く良かったらしいジャック・ジョンソンを観れず残念だが、過去最高レベルに楽しかった! ダントツだったのがケンドリック・ラマー!雨が地面から降ってくる…

朝霧JAM2016

毎年恒例の朝霧JAM。 初日午前中から午後3時ぐらいまで雨が降り、相当ハードな状況の時間帯もあったようだが、ほぼ雨が止んだ時間帯に行ったので苦労知らず。 観たのは・・・初日 シアターブルック正直あまり好きなバンドではないのだが、今回はちょっと過酷…

フジロック2015

今年もフジロックに行ってきた。週間天気予報ではかなりヤバい天候が見込まれたが、結局金曜の午前中さらりと降っただけで、ほぼ雨なしのフジロックになった。雨なしフジ=最高、ということで、今年も素晴らしいフェスになった。箇条書きで記憶を留めておく…